高齢 妊活 葉酸

高齢妊活をしている人ほど葉酸摂取は欠かせない?その効果は?

結婚の平均年齢が上がり、高齢出産も珍しくなくなりました。

 

赤ちゃんを授かることは何歳になっても幸せなことですが、体力が落ちていたり、年齢に伴って体内年齢も上がっているので、高齢出産には色々なリスクがあると言われていますよね。

 

だからこそ30代で妊活をしている人にとって葉酸摂取は欠かせません。
その理由と葉酸の効果を紹介します。

 

染色体異常のリスクを減らす!

葉酸には細胞分裂を促進する働きがあります。その効果によって、卵子や精子の細胞分裂が正常になるので染色体異常を減らしてくれると考えられています。葉酸を積極的に摂取することで卵子や精子が正常に作られ、30代以上の高齢出産になるほど出生リスクがあがると言われているダウン症や自閉症、流産などを軽減してくれるのです。

 

葉酸を葉酸サプリなどで摂取することで高齢出産の不安も軽減してくれそうですよね。

 

子宮内膜を厚くして着床力をあげる!

葉酸には、子宮内膜を厚くする効果があります。厚くなった子宮内膜は受精卵をしっかり守ってくれるので着床の定着率があがります。

 

30代の妊活では、一日でも早く妊娠したい!と思っている人も多いですよね。葉酸の効果で妊娠率をあげられるかもしれませんよ。

 

先天奇形のリスクが減る!

葉酸の効果として一番有名なのが神経閉鎖障害や無脳症などの選定奇形のリスクを減らしてくれるというものです。この効果を期待して厚生労働省からも妊娠初期には一日400μgの葉酸を摂取するように推奨されていますよね。

 

妊活をはじめたら、いつ妊娠するかわかりません。葉酸の効果を最大限に発揮してもらうためにも赤ちゃんが欲しいと思った時から葉酸サプリを飲み始めることをおすすめします。

 

妊活中に飲んで欲しい葉酸サプリはこれ♪着床力・妊娠力を上げる!